妊娠報告

DSC_0008

31才専業主婦。結婚5年。第一子は2才の男の子。

望んでいるがなかなか妊娠に至らず、2人目不妊ということで7月上旬来院。

不妊外来には通院せず、高度不妊治療には至らずタイミング療法のみとのこと。

足腰の冷えとむくみがあり基礎体温表を付けているがかろうじて二層に分かれている程度とのこと。

2回目の治療時に早くも「妊娠の兆候有り」との報告。

本日1ヶ月ぶりに来院されましたが、「妊娠確定。来年3月の予定。できれば4月生まれになって欲しい。」とのお喜びのコメントでした。

既につわりも始まり、夜ごと気持ち悪くなるとのこと。さらに朝起き抜けの腰痛は第一子の時の経験から「妊娠が進むにつれ、段々と悪化する予感有り」とのことでした。

まずはつわり対策で辛さを緩和すると共に腰痛治療を開始して早め早めに手を打って妊娠期間を楽に過ごせるようサポートしていきます。五ヶ月目以降安定期に入ったら三陰交穴への安産のお灸も施術していきます。

 

6月7月診療カレンダー

ホームページのテンプレート交換に伴ってスマホ版でのカレンダー表示がおかしくなってしまいました。

ご迷惑をおかけします。

こちらにも表示しますのでご確認下さい。

6月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

 

7月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

 

 

黒は診察日。受付は7:00迄です。
も診察日。受付は4:30迄です。
は休診日です。

・Closed on Sundays and the days printed in red.
・We are open until 7:00 PM, on the days printed in black.
・We are open, but it is until 4:30PM on the days printed in green.

ポスター紹介

DSCF4137

玄関の長椅子の上にも1枚掛けました。

フィンセント・ファン・ゴッホ「アルルの跳ね橋と洗濯をする女性達」です。

とても鮮やかな色彩です。きれいですね。

写真

DSCF4135

 

今月の写真は菖蒲でした。

昨年横須賀菖蒲園で撮ったものです。

このような衣装を着た女性達がせっせとしなびた花を摘んでくれていました。

ご苦労様です。

写真が鮮やかになった、と何人かの患者様からご指摘を頂きました。

実は額縁のアクリル板を外してみました。透明のアクリル板であっても写真の色彩や鮮やかさはそこなわれると感じます。

これを外すだけでずいぶんと色鮮やかになります。そのかわり色が退色するのもさけられなくなるのですが。

それでも色の鮮やかさを楽しみたいと思ってアクリル板を外してしまいました。2ヶ月ほど張りっぱなしにして、退色してきたら外して捨ててしまおうと思っています。

 

又絵を代えました

DSCF4120

Norman Rockwellの「pride of parenthood」です。

彼は19世紀の人で、雑誌の表紙絵等描いていた人のようです。

人物画が得意の様で、生き生きとした表情の絵がたくさんあります。

トイレの壁に貼ってあります。

ご覧になって下さい。