13.不妊、妊娠、そして二人目へ

W子様   39才   会社員

2年前から不妊治療を受けており、良い結果が得られない為、体質改善をおこないたく受診しました。

 

不妊外来で治療を続けていたのですが、最終的には顕微授精が最も妊娠の可能性が高いだろうとのことで、顕微授精をお願いすることにしました。しかし採れた卵子は2個。その後いい状態まで育ってくれた卵は1個。その大事な1個を移植しましたが妊娠には至らず。体質から改善しなくてはいい結果が得られないのではないかと思い、インターネットで鍼灸院を探すことにしました。

 

泉堂はり灸院さんに決めた理由としては、不妊治療をされていたこと、漢方薬に精通されていたこと、何より院長先生ご自身も奥様と不妊治療に取り組まれていたことを知り、心強く感じたことからでした。

 

2回目の採卵日まで時間がなかったのですが、そこから鍼灸と漢方薬で体質改善に取り組みました。2回目の採卵では10個の卵子を採取することができ、

保存できる状態まで育ってくれた受精卵は7個でした。

前回が1個しか育ってくれなかったので、数が増えたこともすばらしいのですが、受精卵のグレードも高いものばかりでした。その後3回目の移植で無事に妊娠することができ、今は8ヶ月で元気にすくすく育ってくれています。

そして今、残りの凍結受精卵を使って二人目を希望し、再び泉堂はり灸院さんに通っているところです。