横浜泉堂鍼灸院のトップページ

 横浜泉堂はり灸院の妊娠、出産サポートのホームページへようこそ。

 ・冷えや腰痛、月経痛の治療をしたら妊娠する方もいます。かと思えば慢性の頭痛や胃の不調を治療したら妊娠できたという方もいます。不妊の原因は人それぞれに違います。

 病院での不妊治療とは違い「体を元気にする」ことで妊娠を目指すのが泉堂の治療です。開業以来22年間こうした面で多くの経験を積んできました。さらに院長隅田自身も結婚後、妻と不妊治療に取り組んだ経験を生かして、精神的にも患者様を支えていきます。
 
 自然なタイミングのみの方、高度不妊治療(人工授精・体外受精)の過程で成功の確率を上げたい方、共に治療の対象にしています。まずは治療体験記「患者様の声」を一読して下さい。治療の御案内は「診療案内」からどうぞ。
 

・妊娠と出産は女性の人生において大変重要なイベントです。しかし同時に多くのトラブルに見舞われる時でもあります。しかし薬物の投与は避けたい、自然なプロセスを大事にしたい時期でもあります。
 
 鍼灸は古来より不妊、妊娠中、産後のトラブルに効果的な手助けを提供してきましたが、近年その自然治癒力を重視する安全で信頼できる側面が注目され、その価値は益々高まってきています。妊娠中、産後の体の不調に苦しんでいる方も一度ご相談下さい。泉堂鍼灸院ではそうした分野の治療も得意としています。
 

 



◎短信


1 痛くないはり


 
泉堂鍼灸院の治療は痛くありません。写真にある様に当院の鍼(ハリ)は軽く皮膚に当てて撫でたりさすったりする「接触鍼」が中心だからです。
 
 時々髪の毛ほどの細さの鍼を数ミリ程度刺入することもありますが、決して痛いものではありません。

 ほとんどの患者さんは治療中にスヤスヤと眠ってしまう程です。どうぞ安心して治療を受けて下さい。




2 熱くないお灸


 
またお灸は主に「知熱灸」という跡のつかないお灸を使っています。これは小指の頭程度の大きさに作ったモグサを皮膚の上に乗せてツボを暖めるものです。ポカポカと暖かくなってきたらモグサを捨ててしまいますので安心して下さい。


 
(体質によっては「ごま灸」という直接皮膚にすえるお灸をしたほうが効果が良い場合もあります。その場合はよくご説明したうえで、患者様の意向をお聞きします。無断でそのようなお灸をすることはありません。)


3 治療の用意

 当院では鍼灸治療用の患者着を準備しています。中にはご自分で着るものを用意してくる方もいます。それでも構いません。シャツと短パン、あるいは寝間着でも大丈夫です。
 



4 信頼できる治療理論と経験

 
院長隅田は鍼灸学校入学後、日本と中国で10年間の修行、勉強を経ました。日本では東京の経絡治療の名門高円寺の「巽堂新井はり灸院」にて5年間修業。
さらに中国では「国立上海中医薬大学」へ3年間の留学。その間「龍華医院」婦人科にて王大増医師より中国医学による不妊治療を習得しました。
 
 平成5年に帰国後は横浜で「泉堂はり灸院」を開業すると共に、鍼灸学術団体「漢方鍼医会」にて全国の同志の先生方と共に古典鍼灸の復興と発展の為研究と活動を続けてきました。現在も同会にて最新の鍼灸技術を吸収する傍ら会長として後進の指導にあたっています。







.